相続放棄を行う際に注意すべきこと

相続放棄を行う場合には注意しなければならないことが有ります。

この注意を知っておくことでスムーズにさまざまな手続きを行うことが出来るほか、その後のトラブルを未然に防ぐことが可能になるのでしっかりと押さえておくことが大切です。

財産を相続する場合には基本的には手続きは必要ありません。



故人に遺書が有る場合には遺書の内容に従い指名された人が、遺書が特にない場合には法律に従って親族が決められた割合で相続することになります。
法律では相続する割合も詳細に決められているほか、親族で相続が指名されていない場合に於いても遺留分請求権という法律が有り所定の手続きを行うことで最小限の割合を相続することが出来るようになっています。但し、相続する財産は故人が借りている借金も含まれるため、借金がある人の遺産を相続した場合にはその借金も併せて相続することになります。


法律で決められている相続分の割り当ては全ての財産を評価額で現金に置き換えた上で平等になるように計算されるため、相続する財産によっては実勢売価において差がついてしまうことも少なくありません。
その為、借金を含めた相続額が人によっては多くなったり少なくなったりすることが考えられるのです。

これが大きなトラブルの元になります。

goo ニュースについて知っておくと便利なことが良く分かるお得なサイトです。

相続放棄はこのようなトラブルに関わりたくないという理由で行われることも少なくありません。



但し、この場合には親族全てが納得した上でおこなわないとさらに大きなトラブルを生んでしまうことも多いのです。
相続放棄を行う際には親族間でよく相談し、必要に応じて法律の専門家や税理士も含めて相談する事が大切です。

情報分析

人が亡くなった時にその人の財産は相続権のある人に相続されます。相続されるものは現金による財産だけでなく、有価証券や不動産なども含まれます。...

more

わかりやすい情報

財産を相続する場合には相続人とされる親族や遺言で指名された人などがその財産を相続することになりますが、基本的には債務なども財産と見なされ同時に分配の割合に応じて相続を行わなければいけないことになります。その為、故人の負債が大きい場合には相続放棄を行うことで財産の相続を放棄するかわりにその負債を相続せずに済むことになります。...

more

法律入門

相続放棄の手続きは、被相続人(故人)が最後に住所を置いていたエリアを管轄する家庭裁判所に申述(申し立て)を行うことで進めます。放棄する人の住所地ではないことに注意が必要です。...

more

大人の常識

相続放棄の手続きには一定の流れがあり、まず初めに相続放棄をするかどうかを決めるために相続財産・負債を調査する必要があります。その上で相続した場合はどの程度の資産を手に入れることができるのかを確認するだけではなく、借金や未払い金の有無がないかどうかを確認します。...

more