相続放棄の手続きの流れ

相続放棄の手続きには一定の流れがあり、まず初めに相続放棄をするかどうかを決めるために相続財産・負債を調査する必要があります。



その上で相続した場合はどの程度の資産を手に入れることができるのかを確認するだけではなく、借金や未払い金の有無がないかどうかを確認します。
もしも相続遺産と負債のバランスで受け取る事ができる遺産がマイナスになるという場合は相続放棄の手続きを検討する必要があるのですが、被相続人が亡くなったことを知ってから3ヶ月以内に手続きをしないと自動的に相続する事になってしまいます。

Yahoo!知恵袋情報を簡単に調べられます。

そのため家庭裁判所で相続放棄の熟慮期間の延長を行い、手続きをするための猶予を持たせておくことがおすすめされています。



場合によっては延長はしなくても良いのですが、できる限りしておく方が余裕を持って段取りを踏む事ができます。その後は放棄するための申述書の作成をして、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に提出します。

手数料と郵便切手も必要になってくるのでそれらを用意した上で提出するとスムーズに手続きをする事ができるようになっており、あとは家庭裁判所から届く照会書に回答すれば相続を放棄する事ができます。

これらの段取りに関してはスムーズに進めばそこまで時間はかからないのですが、時期や段取りによっては3ヶ月以上時間がかかってしまうという場合もあります。

そのため、できるだけ早めに相続放棄をするかどうかを決めて行動する事が重要となります。