相続放棄は弁護士に依頼する

人が亡くなった時にその人の財産は相続権のある人に相続されます。


相続されるものは現金による財産だけでなく、有価証券や不動産なども含まれます。
もし亡くなった人に債務があった場合は債務も相続権のある人に受け継がれます。
しかし財産も債務も強制的に相続される訳ではなく、相続権のある人が相続放棄をすれば放棄する事も可能です。
もし債務があったとしても相続権のある人が放棄した場合は債権者は返済の催促などをしてはいけませんし、放棄した時点で債務は消滅します。
相続権のある人は放棄する自由はあるものの現金預金や不動産だけ相続して債務は放棄する事はできません。



相続する場合は財産も債務も相続して放棄する場合は全て放棄する事になるのです。
相続放棄をする場合は裁判所で放棄する為の手続きをしなくてはいけません。

この手続きは知識があって慣れている人にとっては難しい事ではないですが、法的な知識も経験もない人にとっては負担になります。


決して自分で行う事ができない訳ではないですが、負担を考えると弁護士などの専門家に依頼してサポートしてもらう方が良いです。また財産はまったく残っておらず多額の債務だけが残っている場合のように誰が考えても相続放棄した方が良い場合は良いですが、放棄した方が良いのか相続してしまった方が良いのか素人にはわからないケースもあります。

NAVERまとめの情報はこちらです。

そのような時は法律の専門家に意見を聞く方が良いので、弁護士に相談するべきです。


弁護士に相談すれば相続権のある他の人との交渉もサポートしてくれるので、相続を円滑に行えます。