相続放棄を行う際のポイントと注意すべき点

財産を相続する場合には相続人とされる親族や遺言で指名された人などがその財産を相続することになりますが、基本的には債務なども財産と見なされ同時に分配の割合に応じて相続を行わなければいけないことになります。

その為、故人の負債が大きい場合には相続放棄を行うことで財産の相続を放棄するかわりにその負債を相続せずに済むことになります。


但し、これにはいくつかのポイントが有ります。



一つは相続人の一人が相続放棄を行った場合には財産は残った相続人で分配することになるため、負債についても残った相続人で分担することになります。

負債の金額が大きい場合には残った相続人の個々の負担が増えることになり、大きな問題となる事が多いのです。

また、相続放棄は財産を相続することが分かってから3か月以内に行わなければならないものですが、この期間は意外と短い上、負債額が分からない場合には調査をしている時間的な余裕がないことも少なくありません。
その為、確認してからその額に応じて決めるということはなかなか難しくなる可能性が高いのです。

法律上は相続放棄を行う際には他の相続人の同意は必要ありませんが、万が一大きな負債に関して相続放棄を行った場合には親族間のトラブルになる事が少なくありません。

又、期限の問題もなかなか自分で判断する事は難しい物です。

goo ニュースに有効な情報の紹介です。

その為、遺産相続の際には弁護士などの専門家に相談することが非常に重要です。


また弁護士は諸手続きを行う際にも重要な役割を果たしてくれます。