家庭裁判所への相続放棄の手続き

相続放棄の手続きは、被相続人(故人)が最後に住所を置いていたエリアを管轄する家庭裁判所に申述(申し立て)を行うことで進めます。


放棄する人の住所地ではないことに注意が必要です。
家庭裁判所に申述する際に必要な書類は、相続を証明するための書類と相続放棄の申述書、申立人一人につき八百円分の収入印紙となっています。



相続を証明するための書類とは、被相続人(故人)の住民票除票又は戸籍の附票と、相続放棄をする人の戸籍謄本です。

OKWaveは人気のテーマです。

また、被相続人と相続放棄をする人の関係性を証明するための書類が手続き上必要となりますが、放棄する人が配偶者なのか子供なのか、あるいは故人の親や親類なのかといった親族状況によって必要書類の範囲が変わってきます。相続放棄の手続きは、自分が相続人であり相続するべき財産があることを知った時から3ヶ月以内に行わなければなりません。
しかし、前述のような必要書類を集めるのにそれ以上の期間がかかってしまうような場合には、家庭裁判所によって期間を延長することができます。



また、相続するべき財産がないと思っていたために3ヶ月以内に放棄の手続きをしなかったような場合には、相当の理由があると認められる時には3ヶ月以上経った後であっても放棄の手続きが認められることがあります。

相続人が未成である場合には、未成年である本人が直接放棄の申請をすることができませんので、親権者である法定代理人か、法定代理人が利益相反関係にある場合には特別代理人を選定して申述を行うことになります。